食べる 見る・遊ぶ

姫路・白国の洋菓子店が10周年 地域密着にこだわり

店主の沼田亨さん

店主の沼田亨さん

  •  

姫路市北部郊外にある洋菓子店「パティスリーアキラ」(姫路市白国5、TEL 079-228-9794)が、10周年を迎えた。

パティスリーアキラ外観

 店主の沼田亨さんは高校卒業後、東京、神戸、姫路の洋菓子店で修業。2008年に独立した。幼いころから父親が営んでいた菓子材料店を間近で見て育ち、菓子材料を求める和菓子店、洋菓子店の店主らと子どものころ接し、話をする機会も多く、菓子作りに興味を持ったという。

[広告]

 菓子は、苺のショートケーキ(378円)、クラシックショコラ(399円)、シュークリーム(194円)、旬の食材を使った季節のケーキを用意。焼き菓子も豊富に取りそろえ、パウンドケーキ(194円)、akiraの焼きドーナツ(プレーン・塩キャラメル・抹茶黒豆=194円、レモン=200円)、サブレ(140円)など。修業時代に沼田さんが大好きだったスフレチーズ(356円)は独立後も修業した店のレシピを引き継いでいるという。

 10周年を迎え、沼田さんは「大好きなケーキ作りも経営となると、はやりを求めたら、古きを重んじてはと毎日が試行錯誤」と話す。「これからも地域のお客さまの声に耳を傾けながら、地域密着で愛されるケーキ作りを続けていきたい」とも。

 営業時間は10時~20時。火曜定休。