食べる

姫路にダイニングバー「LABO」 1日3組限定、満席避け「ゆったりと」

店長の秋田汐玲菜さん

店長の秋田汐玲菜さん

  • 49

  •  

 ダイニングバー「MASATO restaurant create LABO(マサト レストラン クリエイト ラボ)」(姫路市魚町、TEL079-283-1960)が10月8日、オープンした。

「LABO]店内写真

 店舗面積は15坪。席数はカウンター9席、テーブル4卓10席。内装は落ち着いたクラシックモダンに仕上げた。店長の秋田汐玲菜さんは「成熟した大人の時間をゆったりと過ごしてもらうため、1日3組限定で満席にしない」と話す。

[広告]

 店名の「LABO」は「研究所」という意味を持ち、奇跡の味が生まれる食材の組み合わせやドリンクと料理の組み合わせを楽しんでほしいという思いで名付けたという。

 メニューは、「ミックスナッツ×香り」(500円)、「酒盗×クリームチーズ×ごま油」(550円)、「LABO特製炙(あぶ)りサバ寿司×イタリア」(600円)、「野菜スティック×明太子(めんたいこ)」(700円)、「蒸し鶏×ボルチーニソース」(1,000円)、「和牛ユッケ×トリュフ」「ボルチーニ×Pasta」「鴨(かも)ロース×香草」(以上1,500円)などを提供する。

 ドリンクメニューは、ビール(650円~)、グラスワイン(600円~)、ウイスキー(1,000円~)、日本酒(700円~)、果実酒(800円)、チューハイ(480円)、ソフトドリンク(400円~)など。そのほか「ワインと料理のペアリング」(5,000円~)、「日本酒と料理のペアリング」(4,500円~)を取りそろえる。

 秋田さんは「この店で出会うお客さまと最高の時間と良い関係を築いていきたい」と意気込む。

 営業時間は20時~翌2時。日曜・第1月曜定休。