食べる 買う

姫路「鶴谷洋菓子店」が刷新 「ナカバヤシ」の洋菓子部門として再出発

店長の鶴谷哲也さん(左)

店長の鶴谷哲也さん(左)

  • 98

  •  

 鶴谷洋菓子店(姫路市田寺、TEL 079-262-9653)がリニューアルオープンして1カ月がたった。

店舗外観

 新型コロナウイルスによる影響で6月に閉店していた同店。店主の鶴谷哲也さんの作る「食べられるインクで写真をプリントしたケーキ」に着目していたアルバムメーカーの「ナカバヤシ」(大阪市中央区北浜東)が急きょ洋菓子部門を創設し、鶴谷さんを店長として迎え入れた。

[広告]

 「リニューアルオープン後は想像以上に忙しく、仕事をセーブしなければならない状況でうれしいい悲鳴を上げている」と鶴谷さん。

 ケーキは常時15種類ほどを取りそろえる。ロールケーキ、エクレアシャンティ、シュークリーム(以上、200円)、ぶどうとチーズパイ、ミルフィーユマロン、チョコショート、キャラメルチーズ、いちごショート(以上、300円)、フルーツタルト(350円)などを提供する。

 鶴谷さんは「西二階町で営業していたころのお客さまが新たな店でも応援してくれるのがうれしい。田寺の地域でも愛される店にしていきたい」と話す。

 今後は冷凍した洋菓子を届けるサービスも始める予定という。

 営業時間は11時~18時。火曜・水曜定休。