3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

姫路・船場東ビルに韓国食堂 ランチ限定で営業

店主の横山奈枝子さん(右)

店主の横山奈枝子さん(右)

  • 136

  •  

韓国料理店「PAC’S KITCHEN」が8月3日、船場東ビル(姫路市米田町)内にオープンした。

 店舗面積は約11坪。席数はテーブル席12席。店主の横山奈枝子さんによると、姫路市内の繁華街魚町で韓国料理店を経営していたが、体力的に不安もあり規模を縮小しランチ限定で営業することに決めたという。

[広告]

 メニューは、スンドゥブチケとおかずとサラダとご飯、テンジャンチゲとおかずとサラダとご飯、肉ビビンバと汁物(以上、1,000円)、キムパと汁物とおかずとサラダとキムチ(800円)の定食メニューをはじめ、冷麺(800円)、キムパ、チャプチェ、ナムルミックス、プルコギ(以上、700円)、チヂミ(600円)などを用意する。

 横山さんは「コロナ時期のオープンで不安はあったが、お客さまに恵まれ幸先の良いスタートが切れた。油断せずしっかりと感染予防対策をしていく」と話す。

 「コンセプトは『食堂』なので、おばちゃんの顔を見にきたよと言ってもらえるような気さくな店にしていきたい」と笑顔を見せる

 営業時間は11時30分~15時。土曜・日曜・祝日定休。