食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

姫路駅前の地下街などで「姫路フェスタバル」 ミニスカポリスや流しも登場

姫路フェスタビル

姫路フェスタビル

  •  

 姫路駅前の地下街「グランドフェスタ」、商業ビル「フェスタビル」及び「姫路のれん街」で6月27日から3日間、バルイベント「姫路フェスタバル」が開かれる。飲食店24店舗が参加する同イベント、それぞれの店舗がバル専用の特別メニューを用意する。

姫路フェスタバルのポスター

 地下街では、「まねきえきそば」が姫路名物のえきそばとカツ丼のセット、「喫茶ヤナギ」がバル限定ビフカツランチセット、「貝屋マルホウ」が生岩ガキと生ビールのセット、「焼き肉炙り庵(あぶりあん)神衛門」が網焼き3種盛りとドリンクのセット、「天晴水産ぽっぽ家」が刺し身3種盛りとドリンクのセットなどを提供する。フェスタビルでは、「播州(ばんしゅう)炭右衛門」が姫路おでんおまかせ5種盛りとドリンクのセット、「播州ダイニングGOOTO」がカルパッチョとドリンクのセットなどを提供する。のれん街では「姫路のお店」が串カツ5本とドリンクのセット、「姫路タイ屋台玲(レイ)」がガイヤーン(タイ風バーベキューチキン)とドリンクのセットなどを提供する。

[広告]

 期間中、各店をミニスカポリスが検問巡回し、希望者の飲酒検問を行い、反応が出た客に景品を提供する「ミニスカポリス検挙隊」や大阪・京橋名物の「京橋の流し」が登場する。

 すでに前売券は完売しており、当日券(4枚綴り=2,400円)を地下街グランフェスタ6番街とフェスタビル1階の特設ブースで販売する。

 問い合わせはフェスタ事務所(TEL 079-221-3500)まで。