食べる

姫路・城巽通り商店街に香川名物「骨付き鶏」専門店

店舗外観

店舗外観

  •  

 骨付き鶏をメインとする鶏料理専門店「ほねつき鳥のお店 OSSO(オッソ)」(姫路市二階町、TEL 079-258-8149)が姫路・城巽通り商店街にオープンして1カ月がたった。

名物「骨付き鶏」

 店舗面積は約15坪。席数はカウンター4席、テーブル4卓12席。店主の村上純一さんは神戸の骨付き鶏専門店で5年間の修業を経て、その後イタリアンで5年の経験を積み、地元姫路で開業した。

[広告]

 香川名物で知られる骨付き鶏。鶏の骨付きもも肉をニンニクの利いたスパイスで味付けし、400度以上のオーブンで一気に焼き上げたもので、骨付き鳥には親鶏(おやどり)と、ひな鶏(ひなどり)の2種類があるという。村上さんは「おやどりは特有のコクと弾力を、ひなどりはかむと肉汁があふれるほどのジューシーさが特徴で、それぞれの味を楽しんでほしい」と話す。

 メニューは、骨付き鶏1本と鶏スープ、とりめし、サラダが付いた昼限定のランチセット(1,280円)。名物の「骨付き鶏」(ひなどり=920円、おやどり=980円)、「とりめし」(500円)、「鶏スープ」(200円)のほか、「スープ茶づけ」(520円)などご飯物もそろえる。洋風な一品として「鮮魚のカルパッチョ」「ベーコンと玉ねぎのキッシュ」(以上480円)、「生ハムと半熟卵のシーザーサラダ」(500円)、「特製豆乳ソースのパーニャカウダ」(580円)などをそろえる。ドリンクは「生ビール」(480円)、「瓶ビール」(520円)、「各種チューハイ」(450円)、「ハイボール」(450円~)、「各種ソフトドリンク」(320円)、ワインや各種カクテルも用意する。

 村上さんは「姫路の人に骨付き鶏を食べてほしくて地元で開業した。イタリアンとのコラボも楽しんでもらえたらうれしい。骨付き鶏はテークアウトにも対応しているので気軽に電話で注文してほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~14時30分、18時~23時。月曜定休。