見る・遊ぶ 学ぶ・知る

姫路・立町のスペイン料理店が8周年 女性店主がフラメンコショー披露

店主である大西さんのマドリッド在住時以来の友人である西村真由美さん

店主である大西さんのマドリッド在住時以来の友人である西村真由美さん

  •  

 姫路駅近くの国道2号線西行きに面したスペイン料理店「Spanish Tapas Bar バイラ」(姫路市立町、TEL 079-289-4656)が11月20日、8周年を迎えた。店舗面積は約12坪。席数はカウンター8席、テーブル16席。

店主の大西やよいさん

 フラメンコ講師も務める店主の大西やよいさんが、フラメンコを学ぶためスペインに6年間住んでいたことを生かして開いた。オープン当初は手探り状態だったといい、大西さんは「本場スペイン料理を提供するのは正解なのか、日本風にアレンジした方がよいのではないか悩んでいた」と当時を振り返る。

[広告]

 メニューは、海鮮パエリア(2,980円~)、エビのアヒージョ(1,380円)、ホルモンとトマトのアヒージョ(980円)、イベリコ豚ハンバーグ(1,280円)など。ドリンクは、プレミアムモルツ、ソフトドリンク(以上500円)、グラスワイン(500円~)、スパークリングワイン(650円)、自家製サングリア(600円)などを提供する。

 当日、8周年を記念してフラメンコライブショーが行われた。大西さんをはじめ、フラメンコダンサーの糸田麻里絵さん、西村真由美さんが店内でダンスを披露し、客を魅了した。来店していた西井則秋さんは「こんな間近でフラメンコを見たのは初めて。目にも留まらぬステップ、靴のタップ音に驚いた。女性の持つ強さ、優しさが踊りから伝わってきた」と興奮気味に話した。大西さんは「プライベートでも妊娠出産子育てを経験し、今は経営者、講師、母親など役割は多いが、一番充実している」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~14時、17時~24時。ランチは日曜・祝日定休。