食べる

姫路・広畑のすし店がリニューアル 世代交代で和食店に

店舗外観

店舗外観

  •  

 姫路市の山陽電車広畑駅近くにあるすし店「丸よし」が和食店「えい吉」(姫路市広畑区高浜町1、TEL 079-237-5110)としてリニューアルオープンし、1カ月がたった。

店舗内

 店舗面積は60坪。真新しい木の香りのする落ち着いた雰囲気の店内、1階はテーブル3卓6席と少人数使いの和室が3部屋、2階は宴会用に23席の広間を用意。

[広告]

 店主の永吉康一さんは日本料理の経験を積み父親の跡を継ぎ、業態も変えて開業した。「丸よし」時代は入り口に大きな石畳があったが、今回のリニューアルで入り口をスロープにし、バリアフリー化。車いすが通りやすいように間口も店内の通路も広く取った。

 メニューは、ハタハタ一夜干し(600円)、やわらか豚塩焼き、和風オムレツ、フグ唐揚げ(以上650円)、天ぷら盛り合わせ(750円)、「穴子あて」(1,100円)など。ランチは月替わりの「えい吉ランチ」(1,300円)のみを提供。プラス200円でデザートが付く。仕入れはできるかぎり地元のものを使いたい、地元の人から購入したいと、毎日、永吉さんが地元の店に出向いて目利き。その日に気に入ったものを夜の「おすすめ料理」の一品として提供する。

 ドリンクは生ビール、チューハイ、ハイボール、ワイン(以上400円)、日本酒(350円)、焼酎(450円)、ソフトドリンク(200円)など。前菜、サラダ、揚げ物、鍋のお得なコース(1,980円)や飲み放題(1,480円)も用意する。「格式が高くなりすぎず、和食をリーズナブルな価格で楽しんでほしい」と永吉さん。

 営業時間は、11時30分~14時、17時30分~22時。月曜定休。