食べる

姫路駅前に「旬菜キッチン二代目あさひや」 老舗食堂の名を継ぐ居酒屋食堂

店主の浅野丞さん(左)

店主の浅野丞さん(左)

  •  
  •  

 居酒屋食堂「旬菜キッチン二代目あさひや」(姫路市駅前町、TEL 079-221-7055)が11月27日、姫路駅近くにオープンした。

 2階建てで、店舗面積は23坪。1階はカウンター16席、2階はテーブル9卓18席。店内は天然木を使った内装で柔らかい雰囲気に仕上げた。

[広告]

 同所で60年間営業を続けてきた「大衆食堂 あさひや」が閉店すると知った店主の浅野丞さんが「このまま閉店してしまうのはもったいない」と、あさひやの名を残し新店を開いた。

 ランチメニューは、日替わりで2種類を用意(コーヒー付き、各980円)。ディナーメニューは、刺し身3種盛り、地魚の煮付け(以上680円)、だし巻き卵、鶏の唐揚げ(以上580円)、季節の天ぷら(880円)、国産牛ヘレカツ(980円)、ふろふき大根、だし茶漬け(以上300円)など。仕入れにより本日のお薦めも提供する。

 ドリンクメニューは、生ビール(550円)、超冷瀬戸内レモンチューハイ(580円)、焼酎、ウイスキー、梅酒(以上400円~)、日本酒(450円~)、ソフトドリンク(250円)を用意する。

 浅野さんは「お客さまに楽しんでもらうことはもちろん、スタッフも楽しめる店にしていきたい」と抱負を語る。

 営業時間は11時30分~15時、17時30分~23時。