食べる

姫路駅前グランフェスタ地下街に居酒屋 客と会話が弾むオープンカウンター

店長を任された宗重知子さん

店長を任された宗重知子さん

  • 166

  •  

 居酒屋「姫路 天晴(あっぱれ)水産きりん」(姫路市駅前町、TEL 079-262-6780)が11月1日、姫路駅前グランフェスタ地下街にオープンした。

居酒屋きりん外観

 店内の中央に配置する「コの字」のオープンカウンターが特徴。料理を提供しながら客と自然に会話が弾むように工夫したという。席数はカウンター12席、テーブル3卓10席。

[広告]

 メニューは、ヒラメ、カンパチ、サーモン、子持ち昆布(以上350円)、枝豆、冷ややっこ、トマト、しらすおろし(以上280円)、バイ貝の煮付け(380円)、串揚げ(150円~)など仕入れにより毎日変わる。店長を任された宗重知子さんは「1人でも気軽に立ち寄ってもらうため、メニューは一つ一つのポーションを小さく提供することとした」と言う。

 ドリンクは、生ビール、チューハイ、ハイボール、梅酒(以上390円)、日本酒(480円~)、ソフトドリンク(350円)などを用意する。

 宗重さんは「お客さまとのコミュニケーションと会話を大切に、居心地の良い店を目指したい」と意気込む。

 営業時間は11時~23時。