食べる

姫路に居酒屋「こじごろ」市内11店舗目 地産地消の食材使った創作料理売りに

店長の岩田亮太さん

店長の岩田亮太さん

  •  

 姫路駅近くの居酒屋「漁・地鶏 創作料理こじごろ」が12月29日、オープンから1カ月を迎える。市内で、「じごろ本店」「七輪焼肉金べこ」「トリップガーデン」などに続く、11店舗目。運営は姫路で飲食店を展開営業するHIROOKA FOOD MARKET。

こじごろ店内

 店舗面積は22坪、席数はテーブル16席、カウンター5席。明かりを落とした落ち着いた空間で、モダンなデザインの店内。

[広告]

 メニューはお造り盛り合わせ(980円)、馬刺し(1,100円)、殻付き蒸しガキ(780円)、タラの白子ポン酢(890円)、串揚げ盛り合わせ(850円)、山芋キムチ(450円)、ベーコンのポテサラ(420円)、とろーりチーズのオムレツサラダ(780円)、牛タン炭火焼き(980円)など。地産地消の食材を使った創作料理を売りとしている。

 ドリンクメニューは、生ビール(520円)、ハイボール(490円~)、チューハイ(460円)、果実酒(510円~)、カクテル(520円~)、焼酎(500円)、グラスワイン(490円)、ソフトドリンク(300円)など。日本酒は「雪彦山」「播州一献(ばんしゅういっこん)」「奥播磨」「忠臣蔵」「米のささやき」など兵庫の地酒を取りそろえている。

 店長を任された岩田亮太さんは「サークルの集まりや小規模な団体利用には最適な空間。わがままや要望は対応できることが多いので、まず相談してほしい」と話す。「小さい店だからこそできるサービスやおもてなしに力を入れていきたい」と意気込む。

 営業時間は17時30分~23時30分。