食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

姫路・白浜町で「白鷺鱧祭り」 ハモ料理の試食など

真っ白な身となる播磨灘の「白鷺鱧」

真っ白な身となる播磨灘の「白鷺鱧」

  •  

 姫路市白浜町の「JFぼうぜ姫路とれとれ市場」(姫路市白浜町字万代新開甲、TEL 079-246-4199)で「白鷺鱧(しらさぎはも)祭り」が7月29日、開かれる。

とれとれ市場「カキフェア」の様子

 姫路市近海の播磨灘と呼ばれる海域で取れる地元産ハモの普及を目的とした同イベント。主催の坊瀬漁業協同組合では、ハモのふっくらとした純白の白身が白鷺城(姫路城の愛称)を連想させることから、「白鷺鱧」と名付けPRに力を入れている。

[広告]

 同イベントでは、試食会として「白鷺鱧」フライとエイの唐揚げを1回目=9時、2回目=11時から先着各500食を来場者に振る舞う。同時に「白鷺鱧」の直売として、通常価格の2割引きで販売。バーベキューコーナーではハモが付いた海鮮おまかせコース(3人前=5,800円)を提供。食堂では「白鷺鱧丼」(1,000円)や「白鷺鱧定食」(1,800円)などをそろえる。料理人によるハモの調理実演や魚との触れ合い体験コーナー(子ども限定タッチプール)、ガラガラ抽選会なども用意する。

 開催時間は9時~16時。当日は、「JR姫路駅」南口ロータリーより8時30分~15時15分の間、45分ごとに臨時無料シャトルバスを運行する。