食べる

姫路駅南の調理専門校生が週1カフェ 期間限定で手作り創作ランチ提供

調理・サービスを提供する学生。

調理・サービスを提供する学生。

  •  

 姫路駅南大路沿いにある日本調理製菓専門学校調理校舎の1階カフェ実習室で現在、学生らが「みかしほカフェ」(姫路市安田1、TEL079-288-8255)を毎週金曜に開いている。

みかしほカフェ来店客

 メニュー作成から調理・サービスに至るまで、日本調理製菓専門学校調理+製菓Wライセンスコース2年生およびプロ技術経営コース2年生が主体で運営し、オリジナル手作り創作ランチを提供する。

[広告]

 同ランチ(800円)は1日30食限定の提供。6月1日に提供したメニューは炊き合わせ、海老しんじょ、タイの若狭煮、炊き込みご飯、香の物で、デザートとドリンク付き。1組目の客は9時30分ごろから並び、11時には売り切れた。

 学生の堀江祐菜さんは「今まで学んだことを一般の人に発表する場でもあるので、野菜の切り方や盛り付け方の一つ一つをしっかりとアピールしていき、成果を見てほしい」と話す。「学生なので、メニューを考えるときには自分たちが食べたいものやがっつりと量の多いものを考えがちだが、実績では40~50代の女性の利用客が多く、今回も40~50代女性にターゲットを絞ってメニューを考えた」という。

 開店時間は11時~15時(売り切れ次第閉店)。6月22日まで。