食べる 暮らす・働く

姫路・じばさんびるで「播州のめんまつり」 学生考案レシピグランプリ決勝も

昨年の決勝の様子

昨年の決勝の様子

  •  

 姫路駅南の「じばさんびる」9階特設会場で「2018播州(ばんしゅう)のめんまつり」が6月1日・2日の2日間、開かれる。主催は姫路・西はりま地場産業センター。

 気候や風土が乾麺作りに適していることから、播州(ばんしゅう)地方では古くから手延べそうめんや乾麺の生産が行われている。産地としての認知度向上を目的に同まつりを開く。

[広告]

 主な内容は、製麺各社による展示販売、試食、贈答品の受け付け。試食コーナーでは、「播州手延べラーメン冷やし中華」などを提供するほか、みかしほ学園日本調理製菓学校の学生らが考案したレシピのうち、予選を勝ち抜いた5品でグランプリを競う「乾めんグランプリ」も行う。2日にはご当地アイドルKRDも登場する。

 チラシもしくはDMを持参した人には記念品を進呈。会場で1,000円以上購入した人を対象にガラポン大会も行う。

 開催時間は1日=10時~16時、2日=10時~15時30分