天気予報

31

22

みん経トピックス

姫路で街路に畳敷きJR東姫路駅開業

姫路駅構内に「えきそばパフェ」登場 地元高校生が商品開発

姫路駅構内に「えきそばパフェ」登場 地元高校生が商品開発

「えきそばパフェ」考案の生徒たち

写真を拡大 地図を拡大

 JR姫路駅構内の「おむすび ひさご」(TEL 079-284-9390)が3月22日、「えきそばパフェ」の販売を始めた。

パフェ販売日に駆け付けた生徒たち

 兵庫県立姫路商業高校の生徒が授業の一環で、ご当地グルメ「えきそば」を販売するまねき食品(姫路市北条北川原)と共同開発した同商品。商品開発や起業ファイナンスの授業を選択した3年生約70人が昨年5月から企画を始め、商品になるまで10カ月を要した。販売当日は、店前で生徒や先生が同パフェ販売を見守った。

 200種類のアイデアの中から選ばれた同パフェは、「天ぷらえきそば」をスイーツで再現したもの。素揚げした和風だし風味のえきそばの麺に桜エビなどをトッピング。ネギに見立てて抹茶粉を使うなど、学生のアイデアが満載されている。同パフェは同店のみで取り扱う。

 まねき食品の担当の廣重泰寛さんは「提案してもらった商品アイデアの中からパフェを選んだ。えきそばを若い世代の人に知ってもらうきっかけになれば」と期待を寄せる。開発に携わった生徒の一人、平松宣輝さんは「自分たちが作ったパフェを多くの人に食べてもらいたい」と語る。

 価格は360円。同店の営業時間は7時~21時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 姫路・大塩駅近くに洋菓子店「パティスリー ル・プティブルー」(姫路市大塩町宮前、TEL 079-254-6066)がオープンして3カ月がたった。【姫路経済新聞
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング