天気予報

25

23

みん経トピックス

姫路のカフェが夜間営業姫路に英会話スクール

姫路・本町商店街に卵料理専門店 自社養鶏卵使ったプリンも

 姫路城近くの本町商店街に3月10日、卵料理のテークアウト専門店「たまごや厨房(ちゅうぼう)」(姫路市本町68、TEL 079-280-1650)がオープンした。

店主の藤橋さん

店舗面積は1階・2階各約10坪。店頭に冷蔵ショーケースを並べ、奥には大型の調理設備を備える。

 同店は、姫路城前・家老屋敷跡にある「は」の屋敷にある卵かけごはん専門店「たまごや」の姉妹店。店主の藤橋拓志さんによると、新店出店は「たまごや」の店舗が狭く、調理力を補強する目的もあるという。

 藤橋さんは「世界遺産の姫路城に感謝し、姫路の街を笑顔と喜びと活気にあふれる街に盛り上げていく力になりたい。手書きの大きな看板など、明るく楽しそうな店作りを目指した」と話す。

 メニューは、姫ぷりん(200円)、塩味が付いたから付き卵「マジックパール」(2個入り120円)、「寅巻き厚焼き玉子」(500円)、玉かけしょうゆ(680円)、穴子弁当(1,000円)、姫路の自社養鶏場から直送する卵「夢そだち」(8個入り500円、16個入り1.000円)。瀬戸内海産の天然「焼きあなご」(1,000円)など。

 「姫ぷりん」は同店の開店に合わせた新メニュー。「当社の卵『夢そだち』をふんだんに使ったコクと深みのある味わいを目指した」と藤橋さん。「たまごや」でデザートとしても販売する。

 藤橋さんは「姫路城近くではイベントも多く、イベントの盛り上げにも一役立ちたい。『たまごや』と『たまごや厨房』で連携して事業を展開し、地元播磨のおいしい食材を少しでも多くの人に伝えたい」と意気込む。

営業時間は、平日=11時~15時、土曜・日曜・祝日=11時~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 ワークショップでは「速鳥丸」で販売されている「MEGUMI(アメ入り手作り小餅)」の作り方を体験。講師の三木さんが、経営する「みかづき営農」(兵庫県佐用町)で育てたもち米「はりまもち」ときな粉「夢さよう」を使った。→姫路経済新聞
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング