3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

姫路で今シーズン初の花火-「夢前川まつり」今年も開催へ

第39回夢前川「川まつり」の会場となる河川敷の様子。広栄橋(姫路市広畑区本町5)から京見橋を望む。5月12日

第39回夢前川「川まつり」の会場となる河川敷の様子。広栄橋(姫路市広畑区本町5)から京見橋を望む。5月12日

  • 4

  •  

 姫路・広畑の夢前川河川敷(京見橋~歌野橋間右岸)で5月19日、恒例のイベント「川まつり」が今年も開催される。

「川まつり」2012年の様子

 39回目を数える同イベント。新日本製鉄広畑製鉄所(当時)を中心に地元企業が参画する広畑経済同友会と住民が連携し、1973(昭和48)年に始まった。開催は毎年5月。今年は、新日本製鉄と住友金属の統合で誕生した新会社「新日鉄住金」の発足(2012年10月)以来初めての開催となる。

[広告]

 当日は、川に張り出して設けたステージで約10のプログラムを展開。ゲストの歌手や大道芸人らがパフォーマンスを披露するほか、地元の民謡踊りやフラダンスなどのチームもステージに花を添える。

 河川敷の公園では植木市やフリーマーケットなどを実施。特設の「キャラクターふれあいコーナー」では、姫路市の親善大使「しろまるひめ」や兵庫県警のマスコット「こうへいくん」「まもりちゃん」をはじめとする「ゆるキャラ」たちも駆けつける。

 併せて会場内には、露天商によるファストフードの屋台が登場。イベントのフィナーレには、今シーズン市内初となる花火約700発も打ち上げる予定。

 開催時間は9時~20時20分。花火の打ち上げ開始は19時30分。一部のプログラムは雨天中止・順延となるので注意が必要。問い合わせは会場特設電話(TEL 080-5774-2007・2008、イベント当日のみ)まで。