見る・遊ぶ 暮らす・働く

姫路駅前「工事のおっちゃん」が再就職-新たな現場「姫路城眺望デッキ」へ

再就職を果たした「工事のおっちゃん」2体のうち階段の踊り場に立つ1体。姫路駅前で建設中の「姫路城眺望デッキ」で。5月3日

再就職を果たした「工事のおっちゃん」2体のうち階段の踊り場に立つ1体。姫路駅前で建設中の「姫路城眺望デッキ」で。5月3日

  •  
  •  

 姫路駅前から姿を消していた「工事のおっちゃん」がこのほど、新たな現場への再就職を果たした。

再就職先の「姫路城眺望デッキ」

 「おっちゃん」は「かかし」で、岡上正人さん(姫路市出身)の作品。2体が作業服の上下に長靴と軍手を着け、工事用のヘルメットもかぶる。成人男性に比べると小柄ながらも等身大。姫路市が再整備を手掛ける姫路駅「北駅前広場」で、同建設現場の「イメージアップ事業」に携わってきた。

[広告]

 2体の仕事は、市が同広場に建設する3つの目玉施設「サンクンガーデン」「姫路城眺望デッキ」「歩行者デッキ」のPR。お目見えした1月には「謎の人形」とされたことがあったものの、次第に「工事のおっちゃん」の愛称で定着。歩行者用仮通路脇のアクリル製ブース内から駅利用客を見守ってきたが、3月28日に地下街「グランフェスタ」の開業で仮通路がなくなり、姿を消していた。

 2体の再就職が決まったのは、サンクンガーデンの供用が始まった4月30日。新たな現場は建設中の眺望デッキに通じる階段で、階段の中ほどと踊り場に分かれて並ぶ。2体はそれぞれ、同施設の供用が間もなく始まることを告げるゼッケンを着用。同日開業したばかりの新駅ビル「ピオレ」への来館客や駅利用客を対象とする同建設現場のイメージアップに再び力を注いでいくという。

 「突然姿を消したこともあり、心の片隅で行方を心配していた」と駅利用客の新田花香さん(加古川市在住)。「あくまで心の片隅で。でもよかったですね」とおっちゃんらの再就職を祝福した。

 眺望デッキと歩行者デッキの供用開始は6月下旬の予定。同広場全体の完成は2014年3月を見込む。

  • はてなブックマークに追加