見る・遊ぶ 暮らす・働く

姫路・各所で初詣 コロナで様変わり

  • 0

  •  

 コロナ禍での初詣となった今年の3が日、例年35万人が訪れる播磨国総社(姫路市総社本町)も大きな混雑は見られなかった。それでも1日の0時には大晦日から元旦にかけての2年参りで訪れた参拝客でにぎわった。同社では密を避けるために紅白で彩られた柵を境内に設置し、列の制限を行った。

 書写山円教寺(同市書写)では、毎年の大晦日の夜に「新春・夢の書」の揮毫(きごう)が行われるが、今年は参拝者の密集を回避するため、直前に収録された今年の1字「祈」を同寺大樹孝啓(おおきこうけい)第百十世長吏が大書する様子を撮影した動画を配信する形でのお披露目となった。参拝者が利用する「書写山ロープウェイ」も大みそかから 元日にかけての終夜運行を控え運行時間を短縮、1回の乗車人数も制限した。

[広告]

 毎年1日には無料開放される世界遺産・国宝「姫路城」も今年は有料での公開とした。

 例年登城口には訪れた市民や観光客で長蛇の列ができていたが、今年は訪れる人もまばらであった。