見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

姫路神社で恒例の節分祭 赤鬼・青鬼で厄払い

豆をキャッチしようと手を伸ばす参拝客

豆をキャッチしようと手を伸ばす参拝客

  •  
  •  

 姫山公園姫路神社(姫路市本町)で2月3日、小雨の中、毎年恒例の節分祭が行われた。

赤鬼・青鬼で厄払い

 同社では1年のうち一番大きい行事で、鬼追いとも呼ばれ、天狗・赤鬼・青鬼が厄払いをするために現れる。神事が行われた後、子どもたちが扮(ふん)する小鬼とともに巡回し、拝殿で赤鬼と青鬼が松明を合わせ、厄払いをした。

[広告]

 特設舞台では神主の豆まきに始まり、続いてはかま姿の年男たちによる豆まきが行われた。詰め掛けた参拝客は、懸命に手を伸ばして福を求めた。3三世代で市内から来た男性は「家族みんなに福が来るよう毎年参加している、1年の楽しみでもあり、来年もまた訪れたい」と語った。

  • はてなブックマークに追加