食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

姫路駅南に期間限定カフェ 調理製菓専門学校生が創作ランチ提供

期間限定の「みかしほカフェ」

期間限定の「みかしほカフェ」

  •  

 JR姫路駅近くの日本調理製菓専門学校調理校舎(姫路市安田1)1階カフェ実習室で10月5日、同校の学生たちが運営を手掛ける期間限定企画「みかしほカフェ」が始まった。

初めての接客で緊張する生徒

 11月2日までの毎週金曜に営業する同カフェ。席数は40席。

[広告]

 メニュー作成から調理・サービスまで、調理+製菓Wライセンスコースの2年生が主体となり、創作ランチを提供する。同コースの学生30人が5班に分かれてメニューを作り、5週にわたって提供する。

 教員の中村梨沙さんは「生徒がメニューを考えるとどうしても自分たちが食べたい内容に偏りがち。ターゲットの年齢層は平日のお昼に食べに来てくれる人、季節感を出すことを指導して各班がメニューを考案した」と話す。

 メニューは試作を重ね、写真を撮り、客観的に見ることで、彩りが足りないなどの課題を補い完成させたという。ランチ(800円)はデザートとドリンク付きで1日30食限定。

 この日、カフェ営業のリーダーを務めた中国人留学生 の孫萌(そんまん)さんは「食べる人の気持ちに立ってメニューを考えた。みんなの協力があって素晴らしいメニューができた」と話す。「日本文化をもっと勉強して、日本を知り、将来は日本で料理人として働きたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~15時(準備数売り切れ次第終了)。11月2日まで。