食べる

姫路港近くに洋菓子店 2階に海の見えるカフェも

洋菓子店「Petit Ciel(プティ シエル)」店舗外観

洋菓子店「Petit Ciel(プティ シエル)」店舗外観

  •  

 姫路港近くに洋菓子店「Petit Ciel(プティ シエル)」(姫路市飾磨区須加、TEL079-233-6669)がオープンして3カ月がたった。

洋菓子の陳列棚

 店舗面積30坪。1階が洋菓子販売コーナー、2階がカフェスペースで海が見えるように工夫した。席数は、カウンター2席、テーブル2卓4席。店主の雑賀温美さんは洋菓子店で10年間働いた経験を生かし、同店をオープンさせた。雑賀さんは「できるだけショーケースを前に出す事で客との距離を縮め、会話しやすいように工夫した」と話す。雑賀さんは地産地消にもこだわり、家島の粗塩(あらじお)や安富のユズを使った菓子作りにも力を入れてるという。

[広告]

 ケーキは、「お菓子屋のカステラ」(300円)、焦(こ)がしきなこ、パインココナツ(以上350円)、よつ葉バターケーキ(400円)をそろえる。焼菓子は、家島の粗塩を使った「家島ガレット」(200円)、マドレーヌ(230円)、ミルクキャラメルラスク、抹茶ミルクラスク(以上400円)など。ドリンクメニューは、コーヒー、りんごジュース、蜂蜜レモン(以上400円)、ミルクティー、りんごティー、カフェオレ、抹茶オレ(以上450円)など。

 雑賀さんは「自閉症の子どもを育てた経験を生かしたい。カフェで障がいをもつ子どもの母親が対話や息抜きができ、情報交換できる場にもしたい」と話す。

 営業時間11時~18時 火曜定休。