天気予報

8

-1

みん経トピックス

姫路にコミュニティー拠点姫路の日本料理店1周年

姫路・元町東ビルに造花専門店 女性をターゲットに店舗オープン

 姫路・元町東ビルに11月29日、造花専門店「ぞうか屋」(姫路市元町、TEL 079-255-7094)がオープンした。運営はロゴスアーツ。

シンプルで上品な外観

 余計な装飾を取り除いたシンプルな外観に木製の大きな引き戸が印象的。店舗面積は約17坪。店内はコンクリート打ちっ放しの壁面と天井に木目を基調としたディスプレーで、花の色が引き立つようなナチュラルな空間に仕上げた。

 代表の植田勇人さんは、企業を対象に造花や生花のアレンジメント商品を企画販売する会社を経営。幅広い女性層をターゲットに実際に造花を手に取ってもらえるお披露目の場として店舗を構えたという。

 「本物の生花と区別がつかないほどのクオリティーには自信がある。お手入れ不要で、さまざまなアレンジができるので好評。好スタートの手応えを感じている」と話す。

 店内には所狭しと色鮮やかな造花が並べられ、2階のロフトには1卓4席のテーブルを設置。季節に応じたアレンジフラワーの教室を開講していく予定。オープンスペースとしてレンタルも考えているという。

 取り扱う商品は造花(1本1,000円~)で、約100種類の花を常備。花束や鉢植え、ブーケなどに対応。今の季節はクリスマスリースが人気という。

 植田さんは「企業対象とは違って対面販売では、家の間取りや家族構成を話してくれる人が増えた。生活の中にどのように花を取り入れたらいいかの相談も多い」と話す。「造花は季節を問わないので、インテリアとして生活の一部に取り入れてもらえるとうれしい」とも。

 営業時間は9時30分~19時。火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「日本料理の基本や伝統を大切にしつつ、常に新し発想、料理、サービスを提供していきたい」と長沼広大さんは話す。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング