食べる

姫路・神屋町の薫製料理店が7周年 新しいメニュー開発に意欲

店主の行木若菜さん(左)

店主の行木若菜さん(左)

  •  

 姫路市の神屋公園近くにある薫製料理店「薫家(くんや)」(姫路市神屋町、TEL 079-263-8898)が9月23日、7周年を迎えた。

薫家(くんや)店内

 店主の行木若菜さんの父が薫製作りの趣味が高じて始めた同店。別に経営している染物店が忙しくなったことなどから行木さんが経営を受け継いだ。

[広告]

 席数はカウンター5席、テーブル7卓24席。

 自家製薫製メニューは、おまかせ盛り合わせ(3種=600円、5種=980円)を用意。単品の薫製は、黒板に書かれたメニューから選ぶことができる。

 生ハムとモッツァレラとベビーリーフの生春巻き(780円)、アボカドとエビのサラダ(680円)、薫製エビとブロッコリーとマッシュルームのアヒージョ(900円)、スペアリブのオーブン焼き、ナスとペンネのミートグラタン(以上800円)、薫製サケとほうれん草のクリームリゾット(1,000円)なども提供。本日のパスタ、本日のカルパッチョ、本日のピザなども仕入れ食材に応じて用意する。ランチタイムには薫家ランチ(1,890円)、日替わりランチ(1,380円)、パスタランチ(980円)を提供する。

 ドリンクは、生ビール、チューハイ(以上400円)、焼酎(450円)、グラスワイン(380円)、カクテル(600円~)、ソフトドリンク(350円~)などを提供。店主が選んだ薫製料理に合うボトルワインも用意する。

 行木さんは「優先的に地元の食材を使った新しい薫製料理にチャレンジしていきたい。同業者の強みを生かしたコラボ商品をどんどん作って、飲食店、地域を盛り上げていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時30分~15時、18時~22時。火曜定休。