天気予報

21

6

みん経トピックス

姫路で「B-1グランプリ」姫路名産焼き穴子の鍋物登場

「B-1グランプリ in 姫路」閉幕-ゴールドグランプリは「ひるぜん焼そば」

「B-1グランプリ in 姫路」閉幕-ゴールドグランプリは「ひるぜん焼そば」

来年に向けて「B-1ダー!」と掛け声をかける出展メンバー

写真を拡大 地図を拡大

 姫路城周辺で開催されたご当地グルメの祭典「B-1グランプリ in Himeji」が11月13日に閉幕し、特製のみそだれで焼き上げる岡山県真庭市のご当地グルメ「ひるぜん焼そば」を提供した「ひるぜん焼そば好いとん会」がゴールドグランプリに輝いた。箸の総重量は3万8419グラムだった。

 シルバーグランプリは、同じく岡山県から出展した「津山ホルモンうどん研究会」(津山市)、ブロンズグランプリは、毎年上位ランクインを果たしている「八戸せんべい汁研究所」(青森県八戸市)で、岡山県のご当地グルメが上位2位を独占する結果となった。

 ひるぜん焼そば好いとん会会長の石賀幹浩さんは「昨年よりスタッフを20人増やして大会に挑んだが、優勝できるとは思っていなかった。ゴールドグランプリを獲得できて、最高のまちづくりができた」と話す。上位10位のランキングは以下の通り。

ゴールドグランプリ=「ひるぜん焼そば好いとん会」(箸の総重量=3万8419グラム)

シルバーグランプリ=「津山ホルモンうどん研究会」(同3万5923グラム)

ブロンズグランプリ=「八戸せんべい汁研究所」(同3万5451グラム)

4位=「浪江焼麺太国」(福島県浪江町、同3万5140グラム)

5位=「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」(愛媛県今治市、同3万4155グラム)

6位=「石巻茶色い焼きそばアカデミー」(宮城県石巻市、同3万2364グラム)

7位=「熱血!!勝浦タンタンメン船団」(千葉県勝浦市、同3万1067グラム)

8位=「十和田バラ焼きゼミナール」(青森県十和田市、同2万9778グラム)

9位=「日生カキオコまちづくりの会」(岡山県備前市、同2万6913グラム)

10位=「あかし玉子焼ひろめ隊」(兵庫県明石市、同2万3867グラム)

 今回初出場し、4位にランクインした「浪江焼麺太国」の太王・八島貞之さんは「震災に襲われ本当に辛く悲しい思いになったが、皆さんのおかげで上位に入賞できた。絶対にふるさとを取り戻します」と涙を浮かべながら話すと、会場からは「浪江」コールが起こった。

 同イベントの来場者は12日が20万5000人、13日が31万人の計51万5000人。昨年の来場者数(43万5000人)を大きく上回る結果となった。来年は、福岡県北九州市で開催される。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 姫路城三の丸広場(姫路市本町)で4月8日、春の風物詩「第31回 観桜会」が開催された。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング