食べる

姫路の和食店に焼き穴子を使った鍋物メニュー、魚河岸3代目の店長が考案

新たな鍋物メニュー「ひめじ鍋」

新たな鍋物メニュー「ひめじ鍋」

  •  
  •  

 姫路の和食料理店「魚河岸ダイニング むぅ」(姫路市安田3、TEL 079-288-7073)が11月11日、新たな鍋物メニュー「ひめじ鍋」の提供を始めた。

 姫路名産の焼き穴子をふんだんに味わってもらおうと、店長の森崎さんが考案した同メニュー。「だしは、あっさりとシンプルな昆布しょうゆ。お好みで加えてもらうショウガには、体を芯から温める効果もある」。鍋の具材は、焼き穴子のほか「前どれ」と呼ばれる瀬戸内海産の魚介類を日替わりで使う。

[広告]

 森崎さんは「姫路ならではの鍋物メニューを提供したかった。当店は魚河岸直営。それだけに、具材には吟味した焼き穴子や魚介類を使っている」と胸を張る。「忘年会シーズンを控え、女子会や主婦のママ会をターゲットにしている」とも。

 同メニューが入るコースの価格は3,800円(予約の場合は3,000円)。営業時間は11~14時、17~22時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加