天気予報

29

16

みん経トピックス

姫路に「体験型」水族館姫路から新鮮野菜を被災地へ

姫路でガラス作家二人展-作家を囲んでお茶会も

  • 0
姫路でガラス作家二人展-作家を囲んでお茶会も

井本さんの作品

写真を拡大 地図を拡大

 姫路のフレンチレストラン「BARBACANE(バルバカンヌ)」(姫路市北条永良町、TEL 079-221-8050)2階ギャラリー「rencontre」で7月5日、ガラス作家・井本真紀さんと森美樹さんの作品展「ガラス二人展」が始まった。

 井本さんは1977(昭和52)年兵庫県生まれ。2004年に倉敷芸術科学大学芸術学部工芸学科ガラス工芸コースを卒業後、同大学大学院芸術研究科に進み2010年に博士課程を修了。2008年に「第3回現代ガラス大賞展・富山2008」入選。現在は、倉敷を中心に各地で個展を開きながら創作活動を続けている。

 1980(昭和55)年広島県生まれの森美樹さんは、2007年に同大学院芸術研究科を修了後、ガラス作家として活動を始め、現在は、倉庫を利用したアート工房「駅東倉庫gallery Minato」(岡山県)で作品を制作している。

 2人の作品は共にキルン(電気炉)を使って制作したガラスのオブジェで、吹きガラスのパーツに粉ガラスをかぶせて焼成した井本さんの作品約40点と、石膏こうの型に詰め焼成させた森さんの作品約50点を会場と店内に展示するほか、森さんが制作した皿は料理の器としても登場する。

 10日は、同店内で作家を囲んだお茶会「ARTIST CAFE」も予定する。井本さんは「ガラスが溶けて変化していく様、その時落ちていくものと、新たに育ってくるもののたたずまいを感じてもらえれば」と話す。

 開催時間は10時30分~18時。月曜定休。今月24日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 姫路市砥堀の表具・インテリア材料店「クロダ銀泉堂」(姫路市砥堀、TEL 079-264-3990)が満開の桜と世界遺産姫路城の写真をあしらったふすま紙とついたてを発売し、1カ月がたった。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング