3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

姫路に生麺にこだわる焼きそば専門店-店名は「商品企画開発室」

焼きそば専門店「商品企画開発室」室長の沢野さん

焼きそば専門店「商品企画開発室」室長の沢野さん

  • 0

  •  

 たっぷりかかったネギが特徴のたこ焼き「ねぎ蛸」を全国展開する「元天コーポレーション」(姫路市本町)は6月1日、焼きそば専門店をオープンした。

ファンキーヤキソバ

 以前セレクトショップだった空き店舗を改装し、同社の商品企画開発室として利用されていた同店。「趣味はだし作り」という自称「だしマニア」の同室長・沢野成洋さんが開発した生麺で作る焼きそばが評判となり、同室をそのまま焼きそば専門店としてオープンすることになったという。店名もそのまま「商品企画開発室」とした。席数はカウンター4席。

[広告]

 沢野さんは7年前、同社に入社。「ねぎ蛸」の店長を務めていたが、趣味のだし作りが高じて開発した「塩味のたこ焼き」が評価され、1年前に同室長に就任。「次のヒット商品を開発せよ」という指示を受け、日々新商品の開発に取り組んでいた。

 新商品を焼きそばに絞って研究を始めた沢野さんは「何のアイデアも浮かばないまま、まずメニューを作り、あとから商品をイメージしてメニューを一つずつ完成させていった」と明かす。麺は国産小麦を使用した中太の生麺で、地元の製麺業者と約2カ月かけて開発した。

 メニューは、ソース味の「元気がでるヤキソバ」(380円)、天カスとマヨネーズをトッピングした「いちびりヤキソバ」(430円)、トマトソースを絡めた「おもろいヤキソバ」、カレー味の「ファンキーヤキソバ」、キムチあんかけの「バックドロップヤキソバ」、ホワイトソースをかけた「幸せを呼ぶヤキソバ」(以上480円)の6種類。7月1日から期間限定で「冷やし出汁のヤキソバ」(490円)の提供も始める。

 「オープンして約1カ月になるが、リピーターや女性客も増えてきた」と沢野さん。「だしマニアが作った天然のだしと国産の小麦にこだわったコシのある焼きそばを楽しんでもらえれば」とも。

 営業時間は11時~15時、17時~20時。水曜定休。