4のつく日は「空揚げ」88円に-姫路のラーメン店が新企画

「らーめん八角」が提供する空揚げ。5個入りで88円。

「らーめん八角」が提供する空揚げ。5個入りで88円。

  •  

 毎月8の付く日にギョーザ(7個入り)を88円で提供するラーメン店「らーめん八角」(本社=加古川市)は3月から、4のつく日(4日・14日・24日)に空揚げを88円で提供する新サービスを試験的に始めている。

88円で空揚げを提供する「らーめん八角」の店内

 空揚げは、「ふわふわ」と「カリカリ」の2種類から選べ、注文数に制限はないが持ち帰りはできない。現在、姫路総本店(姫路市土山1)、御着店(四郷町)、飾磨店(亀山1)の3店舗で行っている。

[広告]

 同社営業部長の吉留健一さんは「以前から空揚げを88円でサービスするアイデアはあったが、どうしても鳥肉に原価がかかってしまうため実現できなかった。1月に、空揚げが88円になるサービス券を来店客に配ったところ多くの反響があったので、今年が当社立ち上げから10年目という節目を迎えることもあり実施を決めた」と話す。

 「あっさり」「半こて」「こってり」「こてこて」とスープの脂を調整できるスタイルが特徴の同店。姫路市御着にオープンした1号店が、厨房をカウンター でぐるりと囲む八角形の屋台だったことが店名の由来。 2000年に法人化し、現在播磨地域に13店のチェーン店を展開する。

 メニューは、脂の量が選べる定番の「八角らーめん」(600円)や「一番人気」の「とろみこってり」(700円)、4段階の辛さが選べる「ばり辛らーめん」(780円)、牛すじとコンニャクを甘辛く煮た「ぼっかけ」が入った「ぼっかけらーめん」(800円)、みそラーメン、(780円)、塩ラーメン (680円)など。そのほか、焼きめし(480円)やスジ煮込み(380円)、一口とんかつ、明太子丼、ぼっかけ丼(以上350円)など一品ものやご飯もののメニューもそろえる。

 吉留さんは「お客さんに喜んでもらえるように今後も続けていき、現在は試験段階で姫路の3店舗だけだが仕入れルートを確保して全店で提供できるようにしていきたい」と全店導入に向け前向きな姿勢をみせる。

 営業時間は11時30分~(御着店は翌2時、姫路総本店・飾磨店は翌2時30分まで)。