姫路で手作り作家企画展-木工作家メーンに33人が作品販売

ホームセンタームサシ姫路店の「らぁめん宿場町」を会場に展開する「くりえいたぁず横丁」。

ホームセンタームサシ姫路店の「らぁめん宿場町」を会場に展開する「くりえいたぁず横丁」。

  •  
  •  

 ホームセンタームサシ姫路店(姫路市広畑区夢前町3)で3月13日・14日、木工や雑貨などのクリエーター33人の企画展「くりえいたぁず横丁・広畑」が開催される。

 同イベントは、姫路を中心としたさまざまなジャンルの手作り作家が集まり、個性豊かな作品を展示・販売するもの。1回目となる今回は、宮川真一さん、岡真市さん、石田真帆さん、大槻卓さんら木工作家をメーンに染織、とんぼ玉、銀細工、ミニチュア古民家、革工房などの作家33人が参加。「地元密着型」をテーマに掲げ展開する。

[広告]

 会場には、共通企画として4人の木工作家が作ったミニテーブルを展示するほか、手作り食品を販売する飲食店も出店する。

 同展実行委員長の粕谷和弘さんは「今回は木工を特集し木製品や家具、家具に合う雑貨のほか、春らしい作品などを多く展示する。オーダーメードに応じるほかアドバイスも行うのでで気軽に声を掛けてもらえれば」と話す。

 開催時間は、13日=10時~18時、14日=9時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加