姫路にハローキティのカフェ-メガネの三城、サンリオとコラボ

みゆき通りにオープンした「カフェ・ド・ミキ・ウィズ・ハローキティ」。

みゆき通りにオープンした「カフェ・ド・ミキ・ウィズ・ハローキティ」。

  •  
  •  

 JR姫路駅と姫路城を結ぶみゆき通り沿いに1月9日、ハローキティのカフェ「Cafe de Miki with Hello Kitty(カフェ・ド・ミキ・ウィズ・ハローキティ)」(姫路市駅前町、TEL 079-226-3200)がオープンした。運営はメガネの三城(本社=東京都中央区)。

 同店は、メガネの三城とサンリオのハローキティがコラボで展開するカフェ。眼鏡販売のほかサロンなどを運営する同社が、「くつろぎのスペースを提供する」新たな事業としてカフェの出店を計画。誕生して今年で 36年になるハローキティが同店のターゲット層(20~40代)とマッチすることから、ハローキティをイメージとして使用することを決めた。

[広告]

 店舗面積は72坪で、席数は54席。1階と2階は落ち着いたブラウンとピンクでまとめ、3階は白を基調に広々とした空間に仕上げた。1階には、同店限定のマグカップなどグッズ販売コーナーを設けるほか、2階には「KISS-FM」のサテライトスタジオを併設。不定期で公開放送なども行われる。

 メニューは、オーガニックコーヒー(280円~)、カフェラテ(320円~)、カプチーノ(320円~)、キャラメルラテ(380円~)、抹茶ラテ(380円~)、ココア(300円~)など。カフェラテ(ミルク)、ココア、抹茶ラテにはキティの顔を描いたデザインが入る。そのほか、同店オリジナルドリンク「夢美草ブレント」(480円~)は、グレープソーダにブルーベリーSビネガーが入ったものと、アップルソーダにコラーゲンドリンクを入れたものの2種を用意する。

 全国で唯一となるハローキティのカフェを姫路に出店したことについて、同社マネージャーの中村和子さんは「メガネの三城は姫路が発祥の地なので、新しいサービスは何でも姫路から始める」と話す。「今はドリンク中心のメニューだが、今後は季節ごとの限定メニューやフードにも力を入れたい」とも。

 営業時間は9時30分~20時。

  • はてなブックマークに追加