3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

飲食店応援企画「#姫路エール飯」始動へ 「姫路のおいしいを持ち帰ろう」合い言葉に

ムッシュ田中の料理とワインの店 VinVin」店主の田中さん(左)

ムッシュ田中の料理とワインの店 VinVin」店主の田中さん(左)

  • 948

  •  

 姫路市で4月16日、コロナショックで大きな打撃を受けた地元飲食店を応援しようと「#姫路エール飯」企画の取り組みが始まった。

#姫路エール飯

 緊急事態宣言発令により20時以降の営業を自粛するよう要請を受けた飲食店では、外出自粛要請による来店客の減少で売り上げに大きな打撃を受けている状況を踏まえ、「みんなで地元飲食店を応援しよう」と長沼実侑紀姫路経済新聞編集長がフェイスブック仲間に呼び掛け同企画を立ち上げた。

[広告]

 大分県別府市で2020年3月に「#別府エール飯」として始まった同企画は現在、「#周南エール飯」(山口県周南市)、「#あさくらエール飯」(福岡県朝倉市)、「#足利エール飯」(栃木県足利市)など全国各地で展開している。地元店でテークアウトを利用した人がインスタグラムなどのSNSでハッシュタグを付けて店舗情報を投稿し、拡散し広報を支援する仕組み。

 長沼編集長は「大分県別府市の動きに共感し、姫路でも展開したいと思い地元有志に呼び掛けた。今姫路の店を救えるのはその店のファン一人一人。合い言葉は『姫路のおいしいを持ち帰ろう』。一人1食テークアウトするだけでも大きな力になる」と期待を寄せる。