見る・遊ぶ 買う

姫路城・大天守最上階でMV撮影 姫路在住の歌手、「天守物語」モチーフに

姫路城大天守最上階でミュージックビデオを撮影

姫路城大天守最上階でミュージックビデオを撮影

  •  

 姫路在住の演歌歌手・城山みつきさんが姫路城大天守最上階でミュージックビデオを撮影した新曲「富姫」が1月16日、発売された。

1月16日発売の新曲「富姫」のCDジャケット

 泉鏡花原作の「天守物語」をモチーフにした同曲。ビデオ制作に当たっては、原作が姫路城天守閣最上階を題材にした文学作品で、城山さんが姫路とゆかりのある歌手ということもあり、特別に許可を得た。姫路城・天守閣最上階での歌唱シーンを収めたミュージックビデオは世界初という。

[広告]

 城山さん自身が、姫路城を舞台とする富姫の話を題材にしたいと熱望し、同曲が生まれた。地元姫路の郷土歴史に精通する「ハガフォトスタジオ」代表の芳賀一也さんが監修した。芳賀さんは「監修に当たり、史実というより天守物語のイメージを大切にして、泉鏡花(いずみきょうか)の戯曲を再現した」と話す。

 城山さんは「地元姫路で愛される曲になってほしい。全国にも姫路の魅力を感じてもらえるよう頑張って歌っていきたい」と抱負を語る。

 同曲の入ったシングルCD「雨、あがる c/w 泉鏡花原作『天守物語』より 富姫」(テイチクエンタテインメント、1,300円)は全国のレコート店などで販売。