天気予報

27

19

みん経トピックス

姫路の老舗百貨店が閉店姫路にドリンク&スイーツ店

姫路おみぞ筋商店街のすしバル2周年 水産物卸協同組合の有志が運営

 姫路おみぞ筋商店街の寿司(すし)バル「SUSHI BAR あばんさーる」(姫路市駅前町、TEL079-282- 8866)が2月18日、2周年を迎えた。

店内の様子

 店舗面積は約20坪。席数はカウンター16席。すし店には珍しいブルーの外観に海外バルをイメージした店内となっている。

 店名の「あばんさーる」はスペイン語で「前進」という意味があるという。マネジャーの後藤由紀さんは「バルとはスペインやイタリアでは、酒場、居酒屋などに使われ、地域のコミュニケーションの場として使われている」と話す。

 ランチには平日女性客のみ限定20食の「姫手まり寿司」(1,000円)、すし8種盛りの「あばんさーる寿司」(800円)など4種類を用意する。

 ディナーのすしは1品120円~。ボトルワイン(2,500円~)やビール(390円)と合わせたコースにも対応する。

 同店は姫路市中央卸売市場の水産物卸協同組合の有志7人が運営。各店から新鮮な魚介類が届けられ、旬の魚は店内のボードで知らせる。「メニューは外国観光客にも考慮し、英語でも表記した」と後藤さん。

 「早朝市場で競り落とした新鮮な魚を食べてほしい。姫路の街のコミュニケーションの場所として、あばんさーるスタイルを知ってほしい」と呼び掛ける。

営業時間は11時~15時、17時~22時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

姫路駅南側に6月21日、兵庫県内で初となる「リッチモンドホテル」がオープンする。  名称は「リッチモンドホテル姫路」(姫路市南畝町2、TEL 079-225-6255)。地上9階建てで、収容人数約480人、総客室数216室(シングル・ダブル152室、ツイン63室、ユニバーサルツイン1室)を設ける。観光やビジネスで訪れた人が姫路らしさを感じながらくつろげる空間を目指し、フロントは姫路城の石垣を表現した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング