天気予報

27

21

みん経トピックス

姫路にキックボクシングジム姫路のラウンジが新メニュー

「あきらめなければ必ずできる」-竹馬で日本縦断挑戦中の夫婦が姫路入り

  • 0
「あきらめなければ必ずできる」-竹馬で日本縦断挑戦中の夫婦が姫路入り

手作りの竹馬で日本縦断にチャレンジするマイケル・タンさんと妻の実希さん。

写真を拡大 地図を拡大

 絶滅の危機にひんしているオランウータンの保護を訴えながら、宗谷岬(北海道)から佐多岬(鹿児島県)までの約3,000キロを竹馬で縦断しようとチャレンジしているマイケル・タンさんと妻の実希さんが11月10日、姫路市入りした。

 千葉で英語教師を務めていたマイケルさん。学校で環境問題について話し合った時、生徒から「問題が大きすぎて自分たちには何もできない」という声を受けたのがチャレンジを始めたきっかけ。「無理だと思うことでもあきらめずにチャレンジすれば、必ずやり遂げることができる」(マイケルさん)ことを生徒たちに伝えるために、竹馬で日本を縦断しながらチャリティー活動することを決めた。

 1日に進む距離は約15キロ。2人とも今まで竹馬には乗ったことがなく、週2~3回の練習を約1カ月半行った後にスタートした。実希さんは「背中のバッグは約20キロあり、バックを背負った状態で練習していなかったのでスタートしてすぐに挫折しそうになった」と振り返る。

 7月1日に日本最北端の宗谷岬(北海道)を出発したマイケルさん夫婦は、約1カ月かけて北海道を南下。日本海沿いに秋田、新潟、富山、福井と進み、びわ湖(滋賀県)沿いを南へ進んだ後、国道沿いに京都、大阪を歩き11月に兵庫県入りを果たした。

「無理だと思っていてもスタートしてみると、何でもできるということを実感した」とマイケルさん。「道ばたで会った人に声をかけてもらうとすごく元気になれる。これから行く先々で私たちを見かけたらぜひ声をかけてほしい」とも。

 2人はこれから岡山まで2号線沿いを進み、広島から四国へ入って、大分、宮崎を経てゴールの佐多岬(鹿児島)へ向かう。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 書写山付近に位置する約4000坪の自社農園で収穫された無農薬・有機栽培の野菜を直売する同店。生産管理責任者の高畠俊彦さんは「遺伝子組換え技術を使用しないことを基本とし、3年間以上、化学肥料と農薬を使わない農地で栽培された農産物で、国が認定した登録認定機関から有機JAS認定を受けた野菜を販売している」と話す。「農薬を使わないので、雑草や害虫を手作業で取り除くのは大変だが消費者に安心安全なものを食べてもらいたい」とも。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング