姫路のラーメン店「らぁめん力王」が復活-みそを生かした新メニューも

「日の丸軒らぁめん」から店名を戻し復活オープンした「らぁめん力王」。

「日の丸軒らぁめん」から店名を戻し復活オープンした「らぁめん力王」。

  •  

 ラーメン店が軒を連ねる姫路のラーメン激戦区、姫路・琴岡町に9月19日、ラーメン店「らぁめん力王」(姫路市琴岡町、TEL 079-298-0001)がオープンした。

 同店は3種のみそを合わせて作る「焼きみそ」のスープが特徴のラーメン店。1995年に福沢町にオープンし営業を続けていたが、2001年に同店の隣に広い空き地ができたことをきっかけに、店舗を拡大しトンコツラーメンを中心にそろえるラーメン店「日の丸軒らぁめん」として移転オープンした。

[広告]

 その後、立ちのきで再度移転することになり今年6月に閉店。店名を以前の「力王」に戻し復活オープンした。店舗面積は約28平方メートル。席数はカウンター10席、テーブル18席。

 店主の馬場真一さんは「以前からトンコツラーメン店をやりたかったので新しく店を構えたが、利用客から『力王のみそラーメンが食べたい』という声をよく聞いていたので、今回の移転に合わせて以前のスタイルに戻した」と明かす。

 メニューは、創業当時から人気の「みそラーメン」(720円)や、背脂がたっぷり入った「濃厚トンコツ力王スペシャル」(800円)、塩味やみそ味などベースを4種類から選べる「ネギトロラーメン」(860円~)、「トンコツラーメン」(680円)など。そのほか、「みそすたみなちゃんぽん」(980 円)や「つけ麺」(720円)などの新メニューも用意する。

 ラーメン店が並ぶ琴岡町への出店について、馬場さんは「特に意識はしていない」とし、「ラーメン店が集まることによって相乗効果で利用客が増えることを期待する」と話す。

 営業時間は11時~2時30分(日曜は24時まで)。ランチタイムは11時~15時。