暮らす・働く

姫路のアーケード街で「ママフェス」初開催へ-子育て中の母親らが企画

「西二階町商店街」(姫路市西二階町)で11月23日に開催される「はりまのママフェス はっぴーる☆」実行委員会のメンバーら。姫路市内で撮影。11月13日

「西二階町商店街」(姫路市西二階町)で11月23日に開催される「はりまのママフェス はっぴーる☆」実行委員会のメンバーら。姫路市内で撮影。11月13日

  •  
  •  

 姫路駅前のアーケード街「西二階町商店街」(姫路市西二階町)で11月23日、子育て中の母親らが集うイベント「ママフェス」が初めて開催される。

会場は雨の心配がないアーケード街

 姫路市など播磨地域の保育園や幼稚園に通う園児を通じ、隔月4万部を母親らに届けるフリーマガジンで「サンライフ」(保城)が発行する 「クルールはりま」(TEL 079-222-2700)が主催。2011年11月の創刊から定期的に設けてきた読者向けイベントの一環として開催する。

[広告]

 ママフェスは、子育て中の母親らを対象にフリーマーケットや食事会などを通じて交流の場を提供するイベントの総称。姫路での開催は初めてといい、同じく母親ら5人が実行委員を務める。中心メンバーで育児サークル「ハッピー☆スタイル」を運営する福岡加奈さん(姫路市在住)が同誌編集長の野田佑吏さんに提案したことで実現した。イベント名は「はりまのママフェス はっぴーる☆」。同商店街の協力を得て、雨の心配がないアーケード内街路を会場に使う。

 当日は、3つのテーマで街路にブースを特設。「雑貨・フリマエリア」では、手作り雑貨の即売会やフリーマーケットを開く。「食べて・遊んでエリア」では、手作りスープやマフィンなどを提供。「ビューティーエリア」では、美容関係のブースが出店する。会場西寄りの城南公民館内にはおむつ交換ができる休憩所も開設。マイカーを利用する来場客の便宜を図ろうと、近隣の「大手前パーキング」「姫観パーキング」の駐車券2時間分を枚数限定で無料提供する。

 「母親一人での子育ては大変なこと。援助を求めるにも相談先がわからず悩むケースも多い」と福岡さん。「ママフェスへ来場して楽しんでもらうことが育児仲間を作るきっかけになれば。母親らが集う育児サークルの存在にも目を向けてほしい」と続け、「こうしたイベントの開催を子育て中の母親らが持つパワーのアピールや、未来の可能性を広げることにつなげたい」と意気込む。

 開催時間は10時~16時。入場無料・参加自由。

  • はてなブックマークに追加