食べる

姫路に日本酒専門のショットバー「試」-県内の250種を飲み比べ

250種類の地酒をそろえる「試」

250種類の地酒をそろえる「試」

  •  
  •  

 JR姫路駅・ビエラ姫路に10月1日、兵庫県の地酒を集めた日本酒ショットバー「試(こころみ)」(姫路市南駅前町、TEL 079-280-6172)がオープンした。

 兵庫県内の蔵元が製造する日本酒のみを提供する同店。若い年齢層をターゲットに「気軽に飲み比べて地元の日本酒の魅力を知ってもらおう」と市内で酒類・食品卸を展開する「光明兼光本店」(飾磨区構)が企画。県内の蔵元を巡り、夫婦で営む小規模の蔵元などを含む62の蔵元約250種の地酒を集めた。

[広告]

 店舗面積は約10坪。立ち飲みスタイルで、オーダーはカウンターに設けたタッチパネル式の端末で行う。「地域」「蔵元」「銘柄」「味わい」「アルコール度数」などさまざまなカテゴリーから選ぶことができるのが特徴。

 価格は100円~600円。1杯ごとに内容を表示した紹介カードが付くほか、会員登録すると飲んだメニューを携帯電話で管理することもできる。フードメニューは、枝豆、豆腐、「エビサラダ」「柿ピー」「たこわさ」「焼きイカ」(以上100円)など。

 「想像していたよりも多くの方が来店されており、忙しい状態が続いている」と村上光夫店長。「いろいろ飲み比べてお気に入りの日本酒を発見してもらえれば」とも。

 営業時間は12時~20時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加