姫路でも「白いたい焼き」に行列-連日1,000個以上売り上げ

「白たいやき」を求める人で行列が出来る鯛餡堂。

「白たいやき」を求める人で行列が出来る鯛餡堂。

  •  
  •  

 姫路駅前に2月25日にオープンした「白いたい焼き」の専門店「鯛餡堂 姫路駅前店」(姫路駅前町、TEL 079-281-5559)に連日行列ができている。

 同店は、姫路に初めて登場した「白いたい焼き」の専門店。生地にタピオカ粉を使った「白いたい焼き」はモチモチっとした食感で、冷めても固くならず餅のような柔らかさを保つのが特徴。

[広告]

 「オーブンで30秒~1分焼くことで外はサクサク、中はモチモチっとした食感になる。冷蔵で2日~3日保存できるため、おいしく食べてもらえるようにできるだけ冷ましてお渡ししている」(同店)。

 常に行列のできる同店だが、注文を受けると整理番号を渡すため、行列が長蛇の列になることはないという。同店の大前行未さんは「今は春休みで学生も多いため連日1,000個以上、多い時で1日約1,500個売り上げる」と話す。

 メニューは、「黒あん」「カスタード」「チョコ」「抹茶」「スイートポテト」の5種類のほか、3月20日からは1日80個限定で「イチゴミルク」「キャラメル」も販売。色は白のほかにピンク(黒あん)とグリーン(抹茶)の2色も用意。価格は150円。「今後も期間や数量限定の新メニューを提供していく」と大前さん。

 営業時間は10時30分~20時30分。売り切れ次第終了する。

  • はてなブックマークに追加