学ぶ・知る

姫路に環境対応型エコSC「ロックシティ姫路」-CO2削減25%目指す

ロックシティ姫路のオープニングセレモニー

ロックシティ姫路のオープニングセレモニー

  •  
  •  

 姫路駅南口から徒歩約10分の場所にある龍田紡績工場跡地に2月26日、環境対応型SC「ロックシティ姫路SC」(姫路市延末、TEL 079-281-0609)がグランドオープンした。

 敷地面積3万1,350平方メートル、駐車台数940台。イオンが展開するSCでは新業態の「マックスバリュグランド」を核店舗に雑貨や衣料専門店、飲食施設など77店舗が出店する。

[広告]

 当日、オープニングセレモニーには、南都彰副市長やロック開発・大門淳社長らが参加しテープカットを行った。

 県下最大規模のエコ設備を備えた同SC。館内のトイレや通路などの共用スペースや外構の照明全てにLEDを採用したほか、太陽光パネルの設置、壁面緑化、雨水再利用設備、ミストクーリングや打ち水舗装による気化熱冷却、高効率空調機などさまざまな省エネ機器を導入し同社初の本格的エコ施設としてCO2の25%削減を目指す。

 館内には、エコスタジオや「まちコミホール」を設けテナント従業員による「ちょっと役立つ教室」や行政や学校と連携したイベントなどをも行う。同社営業本部長の岡田正幸さんは「コミュニティー型のSCとして行政や学校とも連携しながら地域との共生を図る。年間600回のイベント開催を目指す」と話す。

 そのほか、環境に配慮した取り組みとして、車椅子マーク駐車場リモコンゲート「ハートゲート」の設置や、兵庫県内の商業施設では初となるカーシェアリングサービスも導入する。

 営業時間は、マックスバリュグランド=7時~24時、モール専門店=10時~21時、カフェ・スイーツ10時~21時。飲食店=11時~24時。

  • はてなブックマークに追加