見る・遊ぶ 学ぶ・知る

姫路城下を巡る謎解きイベント 松丸亮吾さんらが企画・制作

姫路城の大天守から見た城下町

姫路城の大天守から見た城下町

  • 31

  •  

 姫路城下町周遊型謎解きイベント「姫路の消えた歴史書」が現在、姫路城周辺や中心市街地で行われている。

「姫路の消えた歴史書」のチラシ

[広告]

 謎解きクリエーターの松丸亮吾さんが代表を務める「RIDDLER」(東京都渋谷区)が企画・制作した同イベント。参加者は姫路城にゆかりのあるスポットで謎を解きながら、城下町を巡っていく。

 同イベントでは、LINEアプリを用いてキャラクターと会話しながら指示された場所に向かい、謎を解いて物語を進めていく。

 参加者は、配布場所に設置してある謎解きキットを入手し、歴史書を手にした旅人「守鎮(もりしず)」とLINEでやり取りをしながら、姫路の街を歩いて謎を解いていく。

 最後の問題まで解くと、姫路の消えた歴史書が修復できるストーリー。想定プレー時間は60分~90分。推奨年齢は小学生以上。

参加無料。11月30日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース