天気予報

22

14

みん経トピックス

姫路の寺で青空市「お寺市」姫路・白鳥城に城下町

カリカリとした新食感の「かりんとう万十」-姫路で人気に

  • 0
カリカリとした新食感の「かりんとう万十」-姫路で人気に

姫路の和菓子店「宝橘(ほうきつ)」の1番人気「かりんとう万十(まんじゅう)」(宝橘本店にて)

写真を拡大 地図を拡大

 姫路の和菓子店「宝橘(ほうきつ)」(姫路市白浜町、TEL 079-246-0577)が販売する和菓子「かりんとう万十」が人気を集めている。

かりんとうとまんじゅうのコラボ「かりんとうまんじゅう」の断面

 同商品は、かりんとうのようにカリっとした食感が特徴の黒糖まんじゅう。黒糖を練り込んだ生地であんを包み米油で揚げて作る。あんは北海道産のエリモショウズを使った自家製のあんで、黒糖は徳之島産(鹿児島県)サトウキビで作ったものを使う。

 同商品は、2008年1月に新店オープンの目玉商品として販売を開始。その後口コミで徐々に人気となり、昨年12月には同商品の売り上げが全体の30%を占め、同社の一番人気となった。同社の亀田寛明社長は「リピーター客が多く支持を得ている年齢層も幅広い。特に男性に人気」と話す。

 価格は1個110円。5個入りセット(550円)、10個入りセット(1,100円)も用意する。店頭のほかインターネットでも販売するが、賞味期限が2日のため翌日に届くエリアのみ対応する。

 亀田社長は「これまで、当社には売り上げ全体の3割を占めるような人気商品はなかった。今後さらに改良を加えて売り上げを伸ばしていきたい」と意欲をみせる。

 営業時間は9時~19時。

グローバルフォトニュース