姫路のJR高架下に新商業施設「プリエ姫路」-10万人の客で初日にぎわう

初日10万人の客でにぎわった「プリエ姫路」

初日10万人の客でにぎわった「プリエ姫路」

  •  
  •  

 JR姫路駅中央コンコース西側高架下に12月4日、レディスファッションを中心とした商業施設「プリエ姫路」(姫路市豆腐町、TEL 079-226-6500)がソフトオープンした。11時の開店前から1,000人以上の長い列ができた当日、10万人の客でにぎわいを見せた。運営は神戸SC開発(神戸市)。

 プリエは在来線高架下1層と新幹線高架下2層から成り、在来線と新幹線の間に吹き抜けを設けている。店舗や共用部分の天井も高めに設定して、高架下でありながら開放感のあるショッピングセンターを実現した。プリエは「Precious Life in Eki」の頭文字をとったもので、「上質な生活を駅から貴方へ」(同社)を意味するという。

[広告]

 1階は「手の届く上質感」をコンセプトに、25歳前後の女性をターゲットにした衣料品、雑貨、洋スイーツなど55店舗が並び、うち40店が姫路初出店となる。2階部分はフェスタ(姫路駅ビル)からジュンク堂書店が移転。敷地面積は420坪。 カフェレストランなどの1部の店舗は整備が残っており、今月22日に姫新線と播但線の高架化に合わせてグランドオープンする。

 同社姫路駅SC総合開発準備室の藪章代室長は「2009年3月末までに20億、年間で60億の売り上げを見込む」と話す。

営業時間は10時~20時。 

  • はてなブックマークに追加