新型コロナ関連【姫路市】新型コロナウイルス関連…

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

姫路城をシトラスグリーンにライトアップ クラファンで呼び掛け

  • 95

  •  

 姫路広陵ライオンズクラブが現在、世界文化遺産「姫路城」(姫路市本町)をシトラスグリーンでライトアップする計画を進めている。

 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったシトラスグリーンリボン運動に賛同し、姫路城を同プロジェクトのイメージカラーでライトアップし、シトラスリボン運動の大切さを広く伝えようとする目的で行う。

[広告]

 同運動は、たとえコロナに感染しても、差別・誹謗(ひぼう)中傷を受けることなく普通に過ごせる社会を取り戻そうと、愛媛特産のかんきつにちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身に着けて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めている。リボンやロゴの3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)を表現している。

 新学期が始まる4月に、姫路市のシンボルである世界文化遺産「姫路城」がシトラスグリーンにライトアップされた動画を配信することで、全ての人に優しいまち、暮らしやすい社会の実現に向けて、姫路からシトラスリボンプロジェクトを発信したい考え。

 現在、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤーGood Morning」で資金を募っている。支援する金額に応じてシトラスグリーンリボンのピンバッジなどのリターンが得られる。2月28日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース