見る・遊ぶ 学ぶ・知る

姫路赤十字病院でモニュメントライトアップイベント 感謝の気持ちをメッセージに

市内4か所に打ち上げられた花火

市内4か所に打ち上げられた花火

  • 223

  •  

 姫路市の西部夢前川沿いにある姫路赤十字病院で医療従事者に感謝するイベント「Circle of Hope~感謝で広がる希望の輪~」のモニュメントの点灯式が、9月19日に行われた。主催は姫路青年会議所。

姫路青年会議所煌めく姫路のまち創造委員会の皆さん

 新型コロナウイルスの感染拡大により、各種イベントの中止などの活動自粛で街の活気が減少していること打ち破り、医療従事者や市民に向けての応援の気持ちを伝えようと企画された同点灯式。モニュメントの点灯と同時にこの運動を広く知ってもらうため、市内4カ所で花火が打ち上げられた。

[広告]

 彫刻家の坪田昌之さんが監修した同モニュメントには事前に姫路駅前など市民から寄せられたメッセージカードが貼り付けられ、光の演出で希望の輪を完成させた。

 同イベントを企画・運営した姫路青年会議所煌(きら)めく姫路のまち創造委員会の齋藤裕一郎委員長は「多くの方の力で素晴らしいモニュメントの点火式ができた。誰もが『幸せ』と思える持続可能な『煌めく』姫路のまちを創造するため、委員会のテーマである『ONE TEAM』をまちに広げ、活力を高めていこうと取り組んだ。新型コロナウイルス感染で実現が危ぶまれたが、かえってまとまることができた。この事業をきっかけに市民全体が『まちのために』と少しでも同じ方向を向き、大きな活力が生まれる運動に発展してほしい」と話した。