食べる 暮らす・働く

姫路・大手前公園でイタリアグルメ祭 国交150周年記念、播磨の30店超一堂に

実行委員長の村田和仁さん(前列右)

実行委員長の村田和仁さん(前列右)

  •  
  •  

 姫路城近くの大手前公園(姫路市本町)で10月22日・23日、播磨地域のイタリアグルメをテーマにしたイベント「イタ☆フェス!!~ひめじ de ボーノボーノ!!~」が開かれる。主催は姫路商工会議所青年部。

 日伊国交150周年を記念して開く同イベント。実行委員長の村田和仁さんは「姫路と播磨灘とそれを囲む播州(ばんしゅう)、イタリアと地中海とそれを囲む周辺諸国、料理や酒や食文化においても、人々の気質においても共通点が多い。そんな播磨とイタリアの『食』を中心とした文化の融合を目指した」と話す。

[広告]

 「さくらぐみ」(赤穂市)、「パスタ工房ソリーゾ」(姫路市山田町南山田)、「アルベロ」(紺屋町)、「EAU DE VIE福田葡萄(ぶどう)商店」(立町)、「BUENA VISTA」(同)、「トラットリアピッコラシチリア」(安田)、「trattoria da KakiYa」(田寺)、「梵(ぼん)ボーノ」(御立西)、「Girrolamo!(ジローラモ)」(飾磨区今在家)、「SinBar(シンバル)」(三左衛門堀西の町)、「酒菜e小鍋ふわり」(市十二所前町)など、姫路市内を中心とした料理店30店以上が出店する。

 会場では地元アーティストによるライブやダンスパフォーマンスの披露が行われるほか、イタリアの名車(フェラーリ、マセラティなど)の展示も行われる。

 村田さんは「海のもの、山のもの、数多くの素晴らしい食材がある播磨の名店の協力を得て、『播磨の食材』や『播州の地酒』と『イタリアの文化』を融合させた、大人から子どもまで楽しんでいただけるイベント。味わっていただいた人に『ボーノ!』と言っていただきたい」と話す。

 開催時間は22日=16時~21時、23日=11時~16時。前売りチケット(22枚つづり)の価格は3,000円。姫路商工会議所の事務局や出店する料理店などで取り扱う。当日チケットも限定販売予定。雨天決行(荒天の場合中止)

  • はてなブックマークに追加