食べる

姫路・飾磨に鉄板バル 落ち着いた雰囲気でステーキと洋食を

オープニングセレプションの参加者たち

オープニングセレプションの参加者たち

  •  
  •  

 山陽電鉄飾磨駅近くに「鉄板BAL Sunちゃん」(姫路市飾磨区玉地、TEL 079-234-6686)が6月28日、オープンした。

 店舗面積は17坪。席数はカウンター8席、テーブル3卓。大きな窓と木を使った外観の同店は、洋風の扉を開けると白とこげ茶色のコントラストが欧風のイメージを醸し出す。オーナーの上谷さんは「女性やカップルで来店しやすい店づくりにした」と話す。店名の由来は、上谷さんが子どものころ、卒業文集に書いた「太陽というレストランを経営する」という夢を実現させたもの。洋食店をはじめ、14年間飲食店に務め、スタッフである友人と同店を開店させた。

[広告]

 メニューは、熊本産A3ランクのサーロインステーキ(4,500円)、昔懐かしい家庭料理をイメージしたS.F.Dグラタン(900円)、M.C.Rグラタン(850円)、ステーキ丼(1,300円)、SUNちゃんのイタリアンスパゲティ(800円)、自然の恵みオードブル(1,000円)、冷製豚シャブのスパサラダ(650円)、仕込みハンバーグステーキ(850円)など。ドリンクは、ビール、チューハイ、ウイスキー、焼酎、リキュール、カクテル、ワイン、ソフトドリンクを取りそろえる。上谷さんは「本日仕入れの新鮮素材を使った魚料理、カルパッチョ、アヒージョやおすすめなど、店内の黒板に注目してほしい」と、メニュー表以外にも日替わりメニューを提供する。

 オープニングレセプションに参加した幼なじみの坂本さんは「木目調の雰囲気が良い。落ち着く。一人でも気軽に来たい」と笑顔を見せる。お酒が好きという上谷さんと友人スタッフは「お客さんと楽しく話をしながら、お酒に合う前菜、肉、鮮魚を食べてもらいたい」と抱負を語る。

 営業時間は16時~24時。

  • はてなブックマークに追加