新型コロナ関連【姫路市】新型コロナウイルス関連…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

ちっさい「かんべえくん」、姫路駅前に登場-信楽焼、黒田家ルーツの滋賀にちなむ

信楽焼の像「ちっさい」かんべえくん。神姫バスセンター(姫路市西駅前町)で執り行われた除幕式で。9月30日

信楽焼の像「ちっさい」かんべえくん。神姫バスセンター(姫路市西駅前町)で執り行われた除幕式で。9月30日

  • 0

  •  

 姫路駅前のバスターミナル「神姫バスセンター」(姫路市西駅前町)に9月30日、姫路市のマスコットキャラ「かんべえくん」を写して作られた信楽焼の置物がお目見えし、除幕式が執り行われた。

なでると御利益が…?

 「かんべえくん」は、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映(2014年)に伴い予想される「ご当地観光ブーム」にあやかろうと今年2月に姫路市がデザインを発表。ドラマの主人公で姫路ゆかりの武将「黒田官兵衛」が愛用したとされる朱色の甲冑(かっちゅう)をまとう。4月には「着ぐるみ」もお目見え。姫路への観光誘致に一役買おうとPRに努めてきた。

[広告]

 置物は、市内一円で路線バスを運行する「神姫バス」(同)が製作。諸説ある黒田家発祥地の一つ・滋賀県にちなみ同県名産の陶芸品「信楽焼」で、高さ約90センチとミニチュアサイズの「かんべえくん」に仕上げた。除幕式には、「神姫ひかり幼児園」(景福寺前)の園児ら27人も参加。合図とともに置物を覆う紅白の幕を引き上げると、「着ぐるみ」に比べややふくよかな「かんべえくん」が姿を現し、拍手が起きた。

 「何となく神々しい雰囲気。さい銭を置きたくなる…」と式を見守っていた姫路市在住の野尻かゑ子さん。「来年のドラマ放映も楽しみ。全話見逃さないようにしたい」と話していた。

 バスターミナルでの展示は来年1月上旬まで。同12日からは、姫路城前の「家老屋敷跡公園」(本町)にオープンする観光施設「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」に展示場所を移し、同施設が閉館する2015年1月まで観光客らに親しんでもらう予定。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース