フォトフラッシュ

レトロ回転展望の喫茶店を惜しむ人々の行列

 姫路市手柄山中央公園内にある回転展望台(姫路市西延末)が3月25日、52年の歴史に幕を下ろした。  1966(昭和41)年に開かれた「姫路大博覧会」のシンボルとして、ロサンゼルスにある空港の管制塔をまねて作られた同展望台。高さ24メートルの鉄筋コンクリート造りで4階の回転部分は床が回転する喫茶展望台となっている。最終営業日の同日、同展望台には姫路市民だけでなく遠くは県外からも名残を惜しむ人々が訪れ、開店前には約200人が行列を作った。

  •  

姫路市手柄山中央公園内にある回転展望台(姫路市西延末)が3月25日、52年の歴史に幕を下ろした。