暮らす・働く

姫路・船場の居酒屋でほろ酔いセミナー、今後シリーズ化も

和やかな雰囲気で講義が始まり、ワークでは、自分のタイプを見極めるため真剣な表情も。

和やかな雰囲気で講義が始まり、ワークでは、自分のタイプを見極めるため真剣な表情も。

  •  
  •  

 姫路・船場の「団らん居酒屋 しらさぎの黒」(姫路市米田町、TEL 079-299-1700)で5月26日、「ほろ酔いセミナーが開催された。30人の定員に対し34人が参加した。

2回目となる「ほろ酔いセミナー」講師の角田七緒さん。

 2回目となる同セミナーの講師は「ななお社会保険労務士事務所」代表の角田七緒さん。「苦手な人がいなくなる?!不思議なエニアグラム」をテーマに、エニアグラム(性格応用心理学)を使ったコミュニケーションについてワークも加えながら行われた。エニアグラムとは、9つの性格タイプ分類に基づいた自己成長プログラムを指す。

[広告]

 会場が居酒屋ということもあり、乾杯でセミナー開始。和やかな雰囲気で講義が始まり、ワークでは、自分のタイプを見極めるため真剣な表情も。セミナー後の質疑応答は飲食を交えて行われ、続く懇親会でも活気のある意見交換が行われた。

 受講者の一人で市内で喫茶店などを経営する大石雅嗣さんは「くつろいだ雰囲気で受講でき良かった。学んだことを今後の接客に生かしていきたい」と話していた。

 同セミナーの第1回は4月18日に行われた。「自ら人財になる鉄則10ヵ条!~意識を変えれば人生が変わる~」をテーマに、教育経営コミュニケーションズの水田耕三社長が講義を行った。25人が参加したが、営業日だったため講義途中に他の客の入店もあった。そのため、今回は同店の定休日である月曜日の開催とした。

 同セミナーを企画した同店を経営するフリンプの羽山真司さんは「これからも毎月、店の定休日である月曜日に、様々なテーマで企画し、参加者同士が交流できる場を提供していきたい」と抱負を語った。

  • はてなブックマークに追加